INTERVIEW

室内と風景を繋ぐ「どこでもドア」。アトモフウィンドウの開発秘話に迫る。

世間一般に「ヒットの裏側」として知られる情報は、どうしてもテレビ番組の再現VTRのようにドラマ性を軸とした脚色が施されてしまうもの。 しかし、まさにこれから世の中にヒットを届けようとするスタートアップ企業が手本として共有すべき情報は、先輩企業がどんな具体的な課題に直面し、それをどう切り抜けたかという、より...

グローバル課題に立ち向かうバイオとハードの融合「フードプロテクター」

Phresh Organicは、グローバル課題に立ち向かおうとしているスタートアップだ。 中国に拠点を置き、イスラエルのバイオテクノロジーとマイクロ電子技術を駆使した食品防腐剤を開発している。今回お話を伺ったのは、Phresh Organicの創立者でもあり、現在ニューヨーク大学上海校に通うアミット氏。学生であり...

人工知能エンジンに手足を。英語教育ロボットの開発を支えたAKA社のチーム作り

「人工知能」といえば、読んで字のごとく、最先端技術を駆使した“コンピューター頭脳”のこと。では、もしもその頭脳に“人格”と“手足”が備わったら……? 日本に暮らす私たちにとって、この質問が意味しているのは「未来的なファンタジー」だけではない。手塚治虫や藤子不二雄など、20世紀の日本文化が産み出した最良のSF表...

台湾から世界へ。GAIUS AUTOMOTIVEが変える都市交通の未来。

いかに都市が〈変化〉の中心地であるといっても、モノのイノベーションの速度に都市そのものの変化のスピードが追いつくのは至難の技。その結果、世界の各都市には環境汚染をはじめとする様々な交通問題がいまだ未解決のまま山積している。 今回、SPERO編集部がお話を伺ったGAIUS AUTOMOTIVE社(以下GAIUS)は...

【エンジニアの課外活動】世界初のIoT乾電池を生んだ「ヤミ研」の実態に迫る

2016年になって、「IoT」という言葉がますます身近なものになりつつある。この潮流のなかで、エンジニアが発信する「モノ」のイノベーションに対する世間一般からの注目度・期待感も、今までになく上昇している。しかし、大手メーカーを中心にモノづくりの現場を覗いてみれば、エンジニアという職種もまた一介のサラリーマンであ...

「二次元嫁」をもっとリアルに。ウィンクルの愚直な再挑戦。

二次元キャラクター愛好家のあいだには、お気に入りのキャラクターを「嫁」と呼ぶ文化があるが、秋葉原を拠点とするIoT企業の手によって、電脳世界からユーザーの部屋へ「逢妻ヒカリ」という二次元嫁が舞い降りた。 そんなオタクにとっての大きな夢を実現するプロダクトが、ホログラムでキャラクターを投影する室内用コミュニ...

Smart Lockのその先へ。Qrioが目指す、家づくり。

ハードウェアスタートアップと大企業、彼らは今相異なる課題を抱えている。 ハードウェアスタートアップは柔軟なアイデアを量産に結びつける知識やノウハウを欲している。かたや大企業側も、これまでの豊富な量産ノウハウを持っている一方で、成熟しているが故に革新的なアイデアが出て来にくくなっているのだ。 この互いが持...

プログラマーはキーボードの夢を見る。Keyboardioの愉快な挑戦。

コンピューター・プログラマーの中には、最新ガジェットに真っ先に飛びつく「ギークの権化」と言えるような人たちが多数存在している。彼らにとって、PC周りの機器を新調することは仕事の効率化のみを目的としているわけではない キーボードやヘッドホン、さらにはPCデスクや椅子の一つ一つにいたるまで、プログラマーを取り...

家庭用空気モニター“CubeSensors”開発者に聞く、スマートホームの今昔物語

私たちのほとんどが、1日の90%の時間を室内で過ごす。その生活環境をテクノロジーによってより良くしようという「スマートホーム」のコンセプトも、身近なものになりつつある。 今回SPERO編集部がインタビューを行ったCubeSensorsは、2013年に販売されてから世界50カ国以上に配送されたスマートホーム...

イヌの幸せとは何か。 動物と人間を愛で結ぶハードウェア”イヌパシー”

たくさんの犬がうつ状態で苦しんでいるという話を耳にし、衝撃を受けた。 犬は我々にとって非常に身近な存在であるが故に、飼い主は愛犬のことをすべて分かったかのような錯覚に陥るかもしれない。人間同士でさえ全てを理解するのは難しいのに、会話をすることのできない犬とのコミュニケーションが大変なのは当然なのだ。 ...