CAPTCHA


CAPTCHA


2019年12月13日、Spero代表の高橋ひかり氏が客員教授をつとめる京都造形芸術大学にて、元JAGMO代表の泉志谷忠和氏と特別授業×3コマをおこないました。

まず、泉志谷忠和氏が、立ち上げ~バイアウトまでの、ゲームオーケストラ事業JAGMOの事業開発の経験談と、芸術産業全体の変遷と未来の話を講演。

その後、高橋ひかり氏が、プロダクト開発とマーケティングを主軸にした講義とワークショップを行いました。


講義では、芸術大学で学ぶ学生に、社会やビジネスへの興味関心を引き出すことを目的に、貨幣の成り立ち、中国・ヨーロッパにおける活版印刷、アメリカ西部開拓、江戸時代の参勤交代、戦時中のプロパガンダなど、古今東西の文化人類学的な観点からビジネスやマーケティングの事例を紹介。そして、ワークショップでは、自らの作品を社会にプロデュースする力、稼ぐ力を醸成すべく、学生自らがグループワーク形式で、未来の社会や価値観、伴って求められる作品を考えました。